施設の目的

ご家庭では介護の困難な重度の身体障害者を受け入れ、医学的治療と適切な看護と介護を行い、機能訓練・余暇活動を実施し、健康で明るく、楽しい日常生活を営むことを目的としています。

基本方針

「個人が尊厳を持って、その人らしい自立した生活がおくれるよう支える」ということを基本理念に質の高いサービスの提供に努めます。

処遇方針

施設生活の中で、利用者のニーズを尊重し、クラブ活動、園外活動、社会参加などを通して生活の幅を広げ、生きがいのある有意義な生活が送れるよう、サービス提供に努めています。
利用者一人一人のニーズに対応した支援を行い、利用者の自発的意思を尊重した処遇を目指しています。

沿革

昭和54年6月 社会福祉法人有誠福祉会設立
昭和55年4月 障害者支援施設 有誠園 入所定員50名として開園
昭和61年4月 入所定員80名に増床
平成2年4月 入所定員100名に増床
平成9年4月 身体障害者デイサービスセンター設置
平成9年10月 訪問看護ステーション設置
平成10年3月 地域交流ホーム設置
平成15年3月 名西地区在宅障害者生活支援センター設置
平成16年1月 大規模修繕完了
平成16年2月 全面改築一期工事完成
全面改築完成
通所療護事業・短期入所サービス事業(身障・知的・児童)・ALS対応居室設置 開始

施設の概要

経営主体 社会福祉法人 有誠福祉会
設立年月日 昭和55年4月1日
入所定員 100名
通所療護部門 10名
短期入所サービス 10名
ALS対応居室 2室
敷地面積 9541.6平方メートル
建築面積 4650.9平方メートル
建物構造 鉄筋コンクリート造
陸屋根 3階建て

職員構成

園長 栄養士
指導課長 調理員
事務員 介助員
生活指導員 看護士
ケアワーカー 嘱託医
PT・OT・マッサージ師

1.有誠園への見学が必要です

施設への入所手続きを進めていく為には、まず有誠園への見学が必要になります。
これは、入所時のトラブルを防ぐことが目的でもありますが、何よりこれから生活をしていこうとする場所を見ずに決めるということほど、不確かなことはありません。
事前に連絡をいただき、電話口にて「見学をしたい」という旨をお伝え下さい。日程等を調整させていただき、日時を決めていきます。

電話番号:088-674-7200
月曜から金曜日の朝10時〜17時まで(祝日等は除きます)

2.申請までの流れ

ここからは、具体的に流れを説明します。

  1. 有誠園へ連絡
    有誠園に連絡し、「見学の日時」を決める。見学の際には「本人」と「家族、もしくはそれに代わる方」がお越し下さい。
  2. 見学の実施
    有誠園を見学していただき、職員との面談をしていただきます。
    お互いに施設利用に合意が得られるかどうかをここで行います。
  3. 入所可能かどうかの面談
    お互いに合意が得られれば、利用希望者の住所地がある市町村の福祉課(市町村により呼び名は異なります)へ入所申請を
    行って下さい。この時点で、市町村から当施設へ確認の連絡が入ります。
  4. 市町村への申請
    市町村は施設に「見学の実施がされていること」の確認が取れたら、申請を受理し「入所待機者リスト」へ掲載をするように、
    県の方へ連絡を行ってくれます。
  5. 連絡待ち
    後は、入所の順番が来て、市町村から連絡が来るのを待つのみとなります。

3.注意事項

  1. 利用希望者の状態の変化があった場合
    見学を行った時点での状態から、症状や障害の程度が重くなった時には、入所の対象から外れる場合があります。
    特に重度な医療ケア(気管切開による呼吸器管理や頻回な痰の吸引等)が必要な方は、当施設では対応が出来ないため、入所は不可能となります。状態が変わった場合などは、事前にご一報下さいますようよろしくお願いします。
  2. 入所申請可能な方は・・・
    ・65歳未満の身体障害者、身体知的重複の障害者の方
    ・身元引受人等がある方
    ・重度な医療ケア等が必要でない方  等

このページの先頭へ